芸能事務所の選び方

芸能事務所ってどんなところ?

芸能事務所に所属するメリット

もちろん芸能事務所に所属したからと言って、すぐに芸能界で仕事ができるとは限りません。
所属する人数が多いので、無名のタレント(の卵)に対しては手厚いマネジメントは難しいでしょう。
事務所からオーディションの情報をもらい、自分で努力してチャンスをつかまなければならない場合の方が多いかもしれません。
数多くのタレントさんが所属する芸能事務所であれば、活躍中の俳優がドラマに出演する条件として、所属事務所の新人を出演させることを盛り込む場合があります。
他の競合他社のタレントを排除し、競争相手は自社事務所のタレントのみに絞られるわけです。
大手の事務所であれば、テレビ局や番組プロデューサーなどのパイプも強く、またメジャーなタレントも多く所属しているので、チャンスは広がるといえるでしょう。

芸能事務所に所属するデメリット

芸能事務所に所属する場合、デメリットがあることを心得ておきましょう。
それは、事務所との間に雇用契約が結ばれているわけではないという言こと。
普通、会社に雇用された場合、短い時間のパートタイムでない限りは雇用保険や社会保険に加入します。
芸能事務所と交わす契約書は、専属マネジメント契約だったり請負契約だったりと、通常会社と締結する雇用契約とは異なります。
つまり、成果に対する報酬を受け取るという形です。
お仕事した時のギャラは、クライアントから芸能事務所へ支払われます。
所属事務所がそのうち何割かをマージン(管理料、手数料)として取得し、残りがタレントに支払われます。
この時の事務所の取り分は、最初の契約時に確認必須です。
必ずではありませんが、法外な割合を要求している場合もあります。
また、出演した舞台のチケットのノルマの様に、なんらかノルマが課せられる場合もあるので、要注意です。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ